MVNO(シムフリー端末)のSMSは必要?不要?【セルスタンバイ問題】


MVNO(シムフリー端末)のSMSは必要?不要?【セルスタンバイ問題】

データSIMを使い始めてやはりバッテリー問題は大きな問題となっています。
セルスタンバイでのバッテリー使用状況が、半端なく多く。ポケモン等の常時起動アプリを使用すると、通常の倍ぐらいの速度で電池が切れていくような感覚です。

151020_smartphone_battery-thumb-640x360-91069

やはり、ここはSMSを月120~160円ぐらいなので入れるべき。
幾ら、サブスマホとは言えこれでは自宅や職場等の充電環境が無いエリアでは使用が難しくなる。

Android Root化等の方法で、回避可能と言う記事も出てますがここは素直にSMSの導入を契約時にお勧めします。

ただ、ここで注意をしたいのは、1年以内での解約時にかかる手数料の存在である。
実際に電話回線を契約することと同じなので、各会社によりますが10,000円ほどの解約手数料が派生します。

さらに、モバイルバッテリー購入の際には、容量とケーブルのアンペアを確認の上購入してください。古い型のモバイルバッテリーだと充電が追い付かないので、筆者も購入し直したのですが大容量で出力アンペア大きいものをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする