【静岡県】ポケモンGOで深夜徘徊、184人を補導、高校生が最多数だった。


 静岡県警少年課は2日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を遊ぶために深夜徘(はい)徊(かい)や無断外泊をしたとして、7月末までに12~18歳の少年少女184人(うち少女18人)を補導したと発表した。
efd9efe63d98f1adf2f78acf04348625

年代別人数
高校生110人
有職少年41人
無職少年22人
中学生9人
大学生2人

小学生以下の補導者はなかったが、県東部に住む小学5年生の男児が深夜に母親のスマホを持ち出して1人で外出し、午前2時半に帰宅したケースもあった。

従来の非行少年は路上やコンビニなどで補導されることが多いのに対し、ポケモンGOの利用者は補導場所がゲーム中でモンスターが現れる公園や神社に集中していた。

同課の担当者は「深夜徘徊や無断外泊は犯罪被害に遭う危険性が高くなる。ゲームにはプレーヤーの位置情報などが含まれており、個人の特定につながる情報の流出にも気をつけてほしい」と注意を呼びかけている。

って本当にポケモンGOは結構色々な問題起こるね。
また、今夏休み真っ最中だから余計にこう言ったことが多いのかもしれない。
ポケモンGOをやり出してからパチンコ止めて経済的に健康的になった人も居てるが、夜間の外出を考えると危険な事が多いね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする