英EU離脱問題で変動が激しい円相場。今後の動きはどうなのか??


昼に大勢判明予定の英国民投票、日本円も今朝より大きく揺れている

103円~106円の間で大きく振れていたのだが現在104円後半で落ち着きを見せている。

キャプチャ

今後の動きが気になるところだが、。英国民投票は382地区のうち71地区で開票が始まっており、現時点で全体の50.6%が残留支持、49.4%が離脱支持と残留支持派も優勢が続いている。これを受けやや市場はリスクオフの動きを見せているようだ。

域内2位の経済大国である英国がEUを離脱すれば、欧州は分裂し、大きな岐路に立たされる。世界経済に大きな混乱を招くのは必至であり、英国民の選択に世界が注目している。

本日昼ごろに大方の大勢が判明後まで油断はできないが98円~112円と言うレンジで値動きしていくのではないのだろうかと思う。

今回の値動きについて筆者個人的な感想だが、急激な変動はあったものの現状の値をみるとそんなものだろうと思える値をつけてるなと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする