気団まとめ-血戦 戦線崩壊!(2CH)|嫁・浮気・不倫・馴れ初め

気団まとめ、鬼女まとめをメインに不倫、浮気系、馴れ初め、修羅場系の話をまとめています。 気団まとめ、鬼女まとめ等の2ちゃんねるまとめを探している方ぜひ一度見に来て下さい。

    トップページ > >
    気団まとめ・鬼女まとめをメインに不倫・浮気系・馴れ初め・修羅場系の話をまとめています。
    気団まとめ・鬼女まとめ等の2ちゃんねる まとめを探している方ぜひ一度見に来て下さい。

    2017年10月

    836: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:59:03 ID:Ya1
    俺の嫁はグレーゾーンだがアスペか発達障害を持ってる
    ただあくまでグレーゾーンのため、際立つのは過集中と急な予定の変更にイライラすること、あと同じ音楽を聞き続けるとかそんな部分で顕著なだけで
    あとは「変な人」「天然」と言われる程度で済んでた
    【俺の嫁はグレーゾーンだがアスペか発達障害を持ってる。】の続きを読む

    202: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/10/22(土) 23:53:20.52 .net
    出会いから結婚まですごく長かった話 

    嫁さんと出会ったのは中学の部活。俺が入学したとき嫁さんは3年生で部長だった。ちなみに吹奏楽部。 
    同じ楽器を担当することになって、譜面の読み方から基本練習までしっかり叩き込まれた。 
    夏のコンクールでは県大会ダメ金で終わり、嫁さんは引退していった。 
    卒業式が近くなったある日、嫁さんが部活中にやってきて「吹奏楽続けるなら一緒の高校いこうよ」 
    といわれ舞い上がったが、演奏者が少ない楽器だったため、部員確保で誘ったらしかった。 
    ちなみに楽器はオーボエ。 
    特に行きたい高校もなかったし、大学には行きたいと思っていたので、嫁さんが行った進学校にいくことに決めた。 

    高校では部長はしていなかったが、同じ楽器の人は2人いて、俺いらなかったんじゃ?と思いつつも再会。 
    男子が少なかったのでほとんど楽器運び要因な1年を過ごしたが、大会には一緒に出ることができた。 
    県大会が迫る中、合宿で山に籠ったとき同級生に言われたのが、「先輩と俺君って付き合ってるの?」 

    同じ楽器だし、同じ中学だし一緒にいるのは普通かと思っていたけれど、周りはそういう目で見ていないらしい。
    【嫁さんと出会ったのは中学の部活。俺が入学したとき嫁さんは3年生で部長だった。】の続きを読む

    931: 名無しさん@おーぷん 2017/01/04(水)19:43:25 ID:nz2
    嫁におれの実家へはもう行かないと言われてしまった。
    別に嫁姑問題とかそんなのは無いし寧ろ仲良くやってる方だと思う。
    この正月も泊まりに行って今日帰ってきた所なんだが帰宅してすぐ言われた。
    行ったところで家事やら嫁がやることも無く俺の母が全部やってくれて俺も嫁も上膳据膳。
    今までは盆正月は嫁と子供と泊まってたまに俺1人で行ってってしてたから嫁が実家と距離を置きたいって程の頻度で行ってるわけでもない。
    急に行かなくなったら両親も心配するし説得したいんだがどうしたらいいんだろう。
    【嫁におれの実家へはもう行かないと言われてしまった。行きたくない理由は聞いても言わないんだよ。】の続きを読む

    47: 可愛い奥様@\(^o^)/ (ワッチョイW fedf-EzRd) 2017/01/04(水) 22:49:31.84 ID:fQM2WzmE0.net
    年末から仕事が立て込んでいて、ずっとストレスが溜まっていた模様の旦那 
    出来る限りはサポートしていたけど年始の挨拶回りや急な昇進話でMAXを超えたっぽい 
    家族に少しだけ八つ当たりしたし、私の言葉も無視した。
    【年末から仕事が立て込んでいて、ずっとストレスが溜まっていた模様の旦那】の続きを読む

    131: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 11:17:41.48 ID:l01ZIIr+.net
    長くて書き込めなかったし分ける。 
    三姉妹の長女なんだけど次女が家族を嫌う。 
    うちは曽祖母、祖母、母が同じ私立のお嬢様学校を出ている。 
    (曽祖母は女学校、祖母は高校・短大、母は中学・高校・大学)だから娘も1人はその学校に行かせたかった母だが、私には夢があり公立高校、専門へ進んだ。
    【三姉妹の長女なんだけど次女がキチガイな家族を嫌う。次女に「1番お金が掛かったから。」と責めて実家暮らしをさせた。】の続きを読む

    このページのトップヘ