いじめられっ子がいじめっ子を道連れに警察に捕まった。





136: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/02/05(水) 14:51:18.88 ID:Hl/IoZtf
ある中学にAという生徒がいた。その子はBを中心とするグループにいじめられていた 
悪態をつかれたり、物を隠されたり壊されたり、突き飛ばすなどの暴力も振るわれていた 
Bは成績がよくて外面もよく、グループの仲間と口裏を合わせるので、Aがいじめを教師や親に訴えても取り合ってもらえなかった 
限界に達したAは、古新聞で見たいじめに絡む恐喝事件(被害金額4ケタ万円)をヒントに行動を起こした 
捨てアドを取得し、そこから自分で自分に恐喝メールを出した。恐喝内容に従い、AはBグループに 
「これで勘弁してほしい」と言いながら、教室の片隅で一万円を差し出した 
恐喝メールはAが出したものではない。Bは預かり知らないことである。それでもおもちゃのように扱って 人間扱いしてこなかったAが、おどおどと差し出す万札をB達はあっさりと受け取り、それに味をしめた すぐに一万円を使いきったBグループはAに対し「もっと寄こせ」と口頭で要求した。Aはその内容を後で捨てアドから自分にメールした。 


やがてAの所持金は底を尽き、お年玉などでこつこつと貯めてあった預金通帳も数回の引き出しですぐにゼロになっていた 
そしてAは再度自分に対して恐喝メールを送り、さらにワープロで脅迫文を作った 
内容は「金が無いなら盗ってこい、近くのコンビニに強盗に入れ」というもので、特にワープロ脅迫状の方には 
人のいない深夜に行け、顔を隠せ、逃走用に少し離れたところに自転車を用意しておけ、など犯行を指示する内容にした 
捨てアドは削除し、Aはへっぴり腰で近くのコンビニに強盗に入り、そしてすぐに捕まった 
ポケットにはワープロ脅迫状を忍ばせていた


137: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/02/05(水) 14:52:36.06 ID:Hl/IoZtf
強盗事件なので警察の捜査が入り、動機が問われる。AはすぐにBグループに苛められ、金銭を巻き上げられて、 
無くなったら強盗に入るよう強要されたと話した。犯行指示書ともいうべき脅迫状を持参していたこともあり、 
警察の捜査はその線で進められた 
Bもその取り巻きも警察の捜査の対象となり、いじめの件は認めたが、カツアゲや強盗指示は認めず 
「金はAが勝手に持ってきた」「そんなこと言ってない」といって否認した 
しかしワープロ脅迫状やAの携帯に入っていた脅迫メールを証拠として捜査は進められ、 
B達の否認は自らの罪を認めない反省の意図の無いものとして認められなかった 
結局、Aは脅されていたと見なされ情状酌量で保護観察、B達は共犯というより主犯と見なされ、 
さらに反省の色が薄いとのことから少年院に送られた 
捨てアドメールにせよワープロ脅迫状にせよ、ちゃんと調べれば自作自演が分かったかもしれないが、 
少年犯罪ということで警察の捜査はおざなりになり、最初の印象通りで決着させようとする意図が働いて 
B達の無実の訴えは握りつぶされた 

少年法にAが護られたお話






138: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/02/05(水) 14:53:31.70 ID:Hl/IoZtf
× 恐喝メールはAが出したものではない  →  ○ 恐喝メールはBが出したものではない


139: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/02/05(水) 14:58:40.56 ID:PIc3CbO1
>>137 
すんげえけどなんか後味悪い