高校受験の時に本家の子よりいい高校を受けようとしたら反対されたwww





50: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 02:06:51.24
おkもらえたので高校受験の時に私が地元ではまあまあな進学校を受験しようとしてたんだけど、 
同い年の子はその進学校より数段落ちる学校に推薦がきまってたのね。 
で、本家では分家の子が本家より上の学校を受験するのはどういうことか!ってなって、うちのジジババは本家に逆らえないし、私ちゃんには本家子と同じ学校で面倒を見てあげてとか意味不明な事をいってて、私両親は最初私の見方だったんだけど 
そのころから本家子の兄(長男)が何回かうちに出入りしはじめて、本家と分家が集まる機会があったときに  


「ちょうど別宅にすみはじめたから掃除やら洗濯面倒だから私ちゃんに家政婦代わりやってほしいんだよね」 
ってニヤニヤしながら言い出してね、味方だったはずの両親が一番乗り気に私を差し出して、本家連中もうちのジジババも勉強する暇がなきゃ進学校諦めるだろうって承諾しやがった 
志望校にいけなくなるの?とか、両親の裏切りとか、年上の男の家に二人っきりで貞操の危機なんじゃ、ってなったのが私の修羅場 
私の実家は結構な田舎で、昔は本家は絶対!分家は本家に絶対服従みたいなとこだった 
私は分家の子で本家に同い年の子がいるんだけど、その子はあんまり頭良くなくて


51: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 02:09:04.89
なんか書いといた文章載せようとしたらめちゃくちゃになっちゃった


53: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 02:14:19.00
まぁかんたんにまとめます。 
私、本家の子より上の学校受験しようとしたら両親以外全員に反対される 
味方だった両親は独り暮らしはじめた本家長男が私を家政婦に寄越せと言ったらどうぞどうぞした
いろんな窮地に立たされたと感じ取った私ギャン泣きして修羅場 

こんな感じ


54: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 02:19:52.53
で、最終的にどうなったの?


56: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 02:27:31.46
まぁ実際は実は私両親と本家長男が結託してあたかも私が勉強出来ない 
学校のランク下げることになるってふうに偽造してくれてた 

長男の家に私用の勉強部屋用意してくれてて、夜食やらなんやら世話してくれて、本家子が私立推薦だったから 
私は滑り止めにその学校受験して、そのうらで本命受験 
味方以外が私が進学校通うってなったの知ったのは入学式の少し前で制服作りに行ったときで時すでに遅し 
その頃には本家長男が本家連中締め上げてて私の高校にかんしては一切文句言えなくしてくれてた 

修羅場っていうか私が一晩勝手に泣いて、その後の隠ぺい作戦にワクワクどきどきしてたってだけのいい思い出って話 
先先月本家長男が正式に一族で一番偉くなったので記念にかきこ


57: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 02:31:59.54
裏切られたと思ってた両親と敵だと思ってた本家長男は良識があって味方だったってことか


58: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 02:36:37.85
そうだねー 
長男がうちに出入りしてたのは私を志望校に行かせるための相談だったみたいで 
今時本家がー分家がーは古いだろって考えだったけど偉くなるまでは本家マンセーないい子ちゃん演じてるつもりだったけど 
私の志望校強制変更はやりすぎだろって味方してくれたらしい


59: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 02:39:30.35
でも本家長男は1人暮らしするから家政婦に寄越せって言ったんだよね 
良識があるならそんなことはしない 
訳わからん


60: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 02:47:16.73
>>59 
文盲? 
偽装工作で本家に勉強部屋ってあるよ


65: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 02:58:58.53
本家じゃなくて本家長男が住んでる別宅ね 
うちのジジババが本家子と同じ学校いけーで私の勉強邪魔してたし 
本家や本家マンセーの分家連中がうちに乗り込んで来てて、両親が私用にアパート借りようとしてた位だから 
ちょうど空き部屋あってお邪魔軍団が絶対乗り込めない本家長男家が安全だとおもったんじゃないかな? 

貞操の危機!!って思ってたし、部屋あてがわれた位じゃ心開かないぞ鬼畜野郎!!とか思ってたけど 
本家長男君の料理美味しくてね、5キロ太ったのもある意味修羅場 

本家マンセーぶってた本家長男が最初本家連中に 
「私子つかえねー、掃除も料理全くだめでやり直しさせまくってるよwww」っていってたの信じてたさ


69: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 03:01:59.26
わっかりにくい文章だな。 
結局受験したの本家の誰だよ。 
最初は本家長男かと思った。


72: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 03:11:56.25
わかりにくくてすまんー 
受験は私と本家長女 
本家長女は部活推薦だし、最後までわれかんせずだった 

私は去年無事大学入学して、地元はなれました。 
本家跡取りは皆短命らしく50後半の本家長男父が入院繰り返すため、20代後半の本家長男が正式にトップになってしまった


71: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 03:05:45.78
>>65 
今は本家長男との仲はどうなの? 
戦友みたいな感じ?


76: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 03:18:17.74
>>71 
大学の入学祝いくれたし、地元もどるといろいろ遊びに連れていってくれるよ! 
かなりのシスコンなんだけど、実妹は何でも自分でやりたがる、人と距離おきたがるタイプだから相手にしてもらえないらしくて 
いまだに私にいろいろ世話やいてくれるwww


74: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 03:16:02.40
>>65 
まだ起きてるみたいだから、質問いい? 
最後の行で、「信じてた」のは誰?


78: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 03:25:30.95
>>74 
敵だった本家分家連中が、本家長男の私をこきつかって勉強する暇すらねーよwww発言を信じてたってこと 
入試終わった段階で本家長男が自分の親とばーさん締め上げてていくら本家と分家でも越えちゃいけないラインあんだろって 
いろいろ口出ししはじめて、最終的に私の進学先ばれても文句言えなくしてくれた


79: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 03:47:41.87
大学進学については文句は言われなかったの?


82: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 04:10:52.35
>>79 
私の高校入学辺りから本家長男が頑張ってくれて、本家分家間で多少の上下関係はあっても 
必要以上に口出すのはやめましょうよって方向になってて、私の大学受験の頃にはそういうのはあんまりなかったかな? 
多少嫌な顔はされたけど本家妹は大学も運動系の推薦だったし、調子にのりはじめた分家締め上げるのに本家は私相手にしてるどころじゃなかったみたいだしwww 

まぁ一番はやっぱり本家長男が怖かったんだと思うよ


87: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 04:57:51.96
1 
高校受験の時の修羅場話。私は地元ではそこそこのレベルの進学校を受験する予定だった。 
2 
本家に同い年の女の子がいた。その子は、私が受験する予定の進学校より数段レベルが低い学校に推薦が決まっていた。 
3 
私の実家はかなりの田舎であるため、本家の人達や祖父母は「分家は本家に絶対服従」という古い考え方に囚われている。 
4 
そのため、本家の子より高いレベルの学校を受験させまいと、本家の人達や祖父母が私の家に乗り込んできて受験勉強の邪魔をしていた。 
5 
進学校への受験を応援してくれている両親は、私用にアパートを借りることさえ考えていたほどだった。 
6 
その頃から本家を継ぐ予定の本家長男が私の家にちょくちょく出入りするようになる。 
7 
本家も分家も集まる機会があった際、本家長男がニヤニヤしながら「最近、別宅に住み始めたが掃除・洗濯が面倒なので、私ちゃんに家政婦代りをやって欲しいんだよね」と言い出す。 
8 
年上の男性の家に住み込むなんて、受験勉強が出来なくなるどころか貞操の危機!と私焦る。


88: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/05(木) 04:58:22.29
9 
本家の人達も祖父母も、勉強する暇が無くなれば進学校の受験は諦めるだろうと賛成する。 
10 
そこで今まで最大の味方であったはずの両親が裏切り、一番乗り気で私を差し出した。いろんな窮地に立たされたこの時が私の最大の修羅場。 
11 
ところがそれは、私の両親と本家長男が結託して仕組んでくれたお芝居だった。 
12 
もともと本家長男は「本家が~」「分家が~」といった考え方は古いと思っていたが、自分が本家を継ぐまではと思い、良い子を演じていた。 
13 
しかし私の志望校の強制変更はさすがにやり過ぎだと思い、密かに協力してくれた。 
14 
長男の別宅では勉強部屋を用意してくれて、受験勉強に専念することが出来た。 
15 
そのおかげで、私は無事に希望校に合格することが出来た。 
16 
なお、本家の人達や祖父母が真相を知ったのは、制服を作りに行く時で、既に入学式間近の時期。
17 
その時にはもう、本家長男が本家の人達を締め上げてくれていて、私の進学に関しては一切口を挟ませなかった。 
18 
先々月にその本家長男が、正式に本家を継ぎ、一族で一番偉くなったので記念カキコ




修羅場

Posted by plusfeed