私「そういえば男さん、彼女とか居ないんですか?」、男「居ないよ。ところで今日帰り予定ある?」





806: 1 2013/09/02(月) 23:37:04.21 0
流れを読まず、規制とけた記念に晒してみる。長文ですが良かったらお付き合いください。 

夜中の2時に知らない番号から留守電が入っていて、 
何の気まぐれか折り返してみたら、当時私が親しくしていた男性の、 
内縁の妻さんだったことが今までの人生最大の修羅場。 

自分と男性(以下男)が知り合った時は、二人とも30手前で会社の同僚の関係でした。 
基本自分は男運が悪く、おまけに友人が不倫してて泥沼ったの見てたので、 
「そういえば男さん、彼女とか居ないんですか?」とまずは慎重にフラグ立てたところ 
「居ないよ。ところで今日帰り予定ある?」と絵に書いたような返事がかえってきたので、 
ならば良しとデートっぽい事をする仲に。 
途中男の方が転職していったのだけれど、縁が切れるでもなく 
むしろメールは頻繁になるし、職場内でもなくなったから気を使う必要ないし 
そろそろ正式にお付き合いかなー、あれ、でも進展ないなあ、 
またなんか訳あり物件選んじゃったかな? と思っていた矢先に 
問題のお電話でした。

807: 2 2013/09/02(月) 23:38:02.26 0
人間テンパるといろいろ考えるもんですね。 
「男の内縁の妻です」っていわれて真っ先に思ったのは 
「内縁の妻って実在するんだー! すっげー!」でした。 
今にして思えば妻さんを疑わなかった時点で、自分は相当男を疑ってたんだなと思います。 
次に頭をよぎったのは 
「慰謝料払えるほど貯金ないし、裁判沙汰になったら親不孝ものだなー。 
不貞行為はまだ致してないんだけど、終電逃して外泊はしてるから、 
あれを写真撮られてたら信じてもらえないよなー。」 

というわけでまずは身の潔白を主張。 
「女性がいたことはもちろん知らなかったし、そういう事ならもう会いません。 
申し訳ありませんでした。」であっさりご理解頂ける。 
外泊ももちろんバレてた(むしろそこからばれた)んだけど、 
「すみません、あの日はわたしがワイン勧めたんですけど、 
グラス一杯で男さん酔って寝ちゃって…。 
本当になんにもなかったんです。酔い潰させてしまって済みませんでした」 
「あはは、そんな事だろうと思いました。あの人本当にお酒弱いんですよね」 
「いやー。ほんとびっくりしました。あはは……」 

我ながら笑い話にもならない事実だと思うんだけど、 
これまた拍子抜けするほどすんなり信じられてしまって、 
結果、深夜2時に内縁の妻さんと浮気相手?の自分二人で談笑するというカオスな状況に。 

「どうせ格好つけて断れなくて飲んだんでしょう。もー。本当に困った人なんですよー」 
からだんだん妻さんの愚痴が始まって、やがて涙声で 
「子供ももう幼稚園なのに…」ってついには飛び降りそうな勢いで 
妻さんのスーパー愚痴タイムスタート。


808: 3 2013/09/02(月) 23:40:45.52 0
ご迷惑おかけした手前無下に切るわけにもいかず、 
とりあえずはいはいと正座で拝聴すること1時間以上。 
端折りますが、さすが内縁の妻さん、それまでの経緯も生活環境もハイパー斜め上でした。 
明け方になってやっと解放。結局徹夜で仕事行きました。 

男からも話を聞いて終わりにしたかったので、後日男と二人で面談。 
二人で会いたくなかったので妻さんお同席願ったけれど断られた。 
まずは妻さんが話を盛っている可能性もあったので、確認したところ全部合ってました。 
男さんの意見を要約すると。 

「嘘はついてないよ。オレ、恋人も奥さんも居ないよ、内縁の妻だもん。 
子供はオレの子かもわかんないし、だから戸籍上でもオレの子じゃないよ。 
オレの友達も家族も妻さんの家族も、みんな分かった上でオレと付き合ってくれてるよ。 
だからオレと友達でいてよ。君だけが今オレの癒しなんだもん」 

「お子さん可哀想だから、さっさと別れてあげてください。じゃ、さようなら」 

今でも立派に男性不信ですが、とりあえずアイツと縁が切れたので、 
妻さんからの深夜の電話には感謝しています。 

とくに胸糞よくない話ですみません。長文失礼しました。


809: 名無しさん@HOME 2013/09/02(月) 23:45:36.68 0
なんつーかまあ、結果オーライで乙


810: 名無しさん@HOME 2013/09/02(月) 23:53:03.71 0
まあやる前でよかたよ 
男を見る目養いなさい


引用元: ・今までにあった最大の修羅場 £91




修羅場

Posted by plusfeed