結婚して3年目なんだが、嫁に昨日初めて星一徹された・・・。





222: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 10:54:16
結婚して3年目なんだが、嫁に昨日初めて星一徹された・・・。 
食卓から投げ出された夕飯を拾いながら 
「おいしくなかった?つくりなおすよ!」と言ったんだが 
嫁は怒って寝室へ行ってしまった。 
哀しいとかそういう感情すらわいてこなかった・・・。 

——————– 
5:00- 起床 
5:10- 俺の朝食・嫁の昼飯・俺の弁当つくり 
6:00- ひとりで朝食(嫁は朝起きてこない) 
6:30- 床をコロコロで音を立てずに掃除・ゴミ出し 
7:00- 会社へ出発 
8:30- 会社 
19:00- 帰宅・嫁の食器洗い物・夕食つくり 
19:30- 夕食 
20:00- 洗濯・洗濯物干し(嫁がうるさいと言うので朝は洗濯できない) 
21:00- アイロンかけ・TV視聴 
21:30- 明日の食事のしたごしらえ 
22:00- 入浴(嫁より先の入浴は厳禁) 
23:00- 就寝 
——————– 
嫁のことは好きだが、この生活に少し疲れてきた・・・
223: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 11:05:46
好きなら別に止めないが、修行でもしてんのかお前は


224: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 12:05:42
>>222 
ネタかネタなのか。 
そうじゃないなら、なんのバツゲーム? 

嫁が好きってのは、ただの情じゃないのか。 
そこに愛はあんのかい?


225: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 12:20:33
223-224 
俺は元々料理人だったから、食事をつくるのは苦じゃないんだ。 
料理人の給料は安いので、結婚して1年後に友人が経営している金融屋に転職した。 
嫁は俺が料理人を辞めたことをとても怒っていたけれど、俺としては家族を持った以上、 
男は家族のために金を稼いでなんぼだと思っていたので、嫁の話に耳を貸さなかった。 
その頃から嫁は俺のことを嫌いになっているようだった。いつしか、嫁は家事も杜撰になり 
俺に対する態度も以前に増して硬化してきた。杜撰な家事を注意するより先に俺が勝手に 
家事をやるようになった。嫁を変えてしまった俺が悪いんだろうが、これから先の生活を 
考えると稼げるうちに稼いでおきたいのだ。俺の両親は貧乏が原因で離婚した。 
金の無いことの恐怖や悲しみは二度と味わいたくない。


226: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 12:49:08
>>225 
何をするにも相手に相談せずに1人で決めてそうだな 

たとえ善意からでも、それを嫌に思うヤツも意外といるかもな


228: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 13:06:49
>>225 
おれも>>226と同意見 
お前の嫁さんは安給料でも頑張っているお前さんに惚れていたんじゃなの? 
料理人辞める時、嫁さんに相談とかした?自分の勝手な思い込みで転職したんじゃない? 
もしかしたら、少ない給料の中で嫁さんとしたら何とか遣り繰りして将来自分達の店をなんて 
将来的なビジョンを考えていたんじゃなのかなぁ・・・ 
そう言った将来の事なんかも嫁さんと話し合った事ある? 
男は寡黙で金を稼いでくるものなんて古~いで行動したら、転職後の嫁さんの態度も納得できる。
嫁さんと一度深~く話し合え。全てはそこからだと思うぞ。。


229: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 13:20:11
>>225が金のことで苦労したのはわかった。同情もする。 
だが、家族の将来をひとりで決めてしまうのは問題があるな。 

なんでもひとりで決めようとせずに、ふたりで話し合ってから行動しなよ。 
それが夫婦ってもんでしょ。 
金も大事だが、それと同じくらい大事なものもあんだろ。


230: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 13:35:12
おいおい、ちょっと待て。 
安易に相談すればよかったんだとか発言している奴らがいるが、 
女が相談をできるのか?ということを考えろ。 
反対されるだけの無駄な相談をするよりも、勝手に物事を進めたほうが良い場合だってある。 

それに2年もこんな状態でいる嫁はやっぱり問題。 
かなり甘えすぎだろ。 

というか>>225はもう嫁の飯を作らないほうがいいと思う。 
金も渡さない。 
それで嫁が文句を言ってきて始めて相談だろう。


233: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/11(月) 15:13:35
222=225ですが、皆さんご意見ありがとうございました。 
最近の嫁は、家事もやらなくなり、俺に暴言ばかり吐いている。 
俺は、将来のためだと自分に言い聞かせ、決して怒ったりせず 
笑顔で嫁と接している。そのたびに嫁は、とても哀しい目で俺を見る。 
俺は、その目の奥にある嫁の気持ちをまったく見ていなかった。 
嫁は、俺に通じない思いを必死で届けようと今まで苦しんだのだろう。 
俺は今までの人生において、常に自分一人で考え、答えを出してきた。 
気は優しくても優柔不断で何一つ物事を決められなかった両親への抵抗からだ。 
でも今の俺は一人ではないのだと、皆さんの書き込みでハッとした。 
もう手遅れかも知れないけれど、すぐにでも嫁と話し合ってみるよ。


240: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/01/12(火) 05:44:12
>>233 
何気にいい話だなあ、と 
よみふけっちまったよ


引用元: ・離婚してもいいやと思える瞬間 7




修羅場

Posted by plusfeed