気団まとめ-血戦 戦線崩壊!(2CH)|嫁・浮気・不倫・馴れ初め

気団まとめ、鬼女まとめをメインに不倫、浮気系、馴れ初め、修羅場系の話をまとめています。 気団まとめ、鬼女まとめ等の2ちゃんねるまとめを探している方ぜひ一度見に来て下さい。

    気団まとめ・鬼女まとめをメインに不倫・浮気系・馴れ初め・修羅場系の話をまとめています。
    気団まとめ・鬼女まとめ等の2ちゃんねる まとめを探している方ぜひ一度見に来て下さい。
    トップ>>

    799: 名無しさん@HOME 2017/04/13(木) 20:15:04.68 0
    今日の同居トメ 
    孫のことで嫁と大喧嘩。 
    拗ねて「どうせ私が悪者なんだろ!」と捨てぜりふを残して部屋に引きこもり。 
    嫁が謝りに来るのが当然と思ってるんだろうけど絶対行ってやらない。 
    何年同じことをネタに吹っ掛けてきてるんだいい加減にしろ。 
    そんなに自分の孫のことを傷つけて楽しいか。
    kidan-matome-tudukku

    184: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/04(金) 13:11:09.60
    叩かれ覚悟で吐き出し 
    嫁が美容院へ行った。おれは一応「切ったの?サッパリしたな」といった 
    前に何も言わないと不機嫌になられたからだ 
    すると嫁「サッパリって、床屋に行った男に対する言葉みたい」と不機嫌 

    いつも代わり映えしないショートだから、コメントしようがない
    kidan-matome-tudukku

    172: 名無しさん@おーぷん 2016/05/22(日)01:04:34 ID:KvI
    仕事か家庭か悩んでいます。
    家族構成
    夫 30歳 年収1,000万程
    私 29歳 年収800万弱
    もうすぐ2歳の子1人
    夫が外国に転勤になりました。
    私はそこそこの大学を出て、そこそこの企業で働いています。
    仕事が!キャリアが!と叫ぶ程の情熱は持っていないものの、程々に頑張り、それなりに評価されてきました。
    産休育休を経て復職して1年が経った今、夫の外国転勤が決まり悩んでいます。期間は1〜5年だそうです。
    仕事を辞めてついていくか、残って働くか。
    今の仕事の環境や待遇がいいだけに、辞めたら帰国後また同じ条件で働くのは無理だと思うので、残るべきとも思いますが、家族がバラバラに過ごすことの不安もあります。
    どうしたものか。

    173: 名無しさん@おーぷん 2016/05/22(日)01:10:51 ID:Ycu
    知らんし
    旦那と話し合えよ

    174: 名無しさん@おーぷん 2016/05/22(日)01:17:31 ID:Tro
    >>172
    子供のことを考えたら仕事辞めて夫についていく、かなあ。
    出来ることなら、夫婦がそろっているほうがお子様の成長にはいいと思います。
    kidan-matome-tudukku

    896: 名無しさん@おーぷん 2016/05/03(火)21:25:23 ID:6X0
    私は休みの前の夜に好きな食べ物をたらふく食べて(大体34人前ぐらい)その流れでそのまま寝るのが大好きだった。
    寝るのも大好きだから、23時間ぐらい寝て休み1日目の昼下がりまで寝てた。
    だけど結婚してからほとんど出来ないのが凄いストレスだった。
    旦那は休み仕事関係なく朝が早いのでゆっくり起きる=休みの贅沢だと感じる私には辛かった。
    だから恥を忍んで旦那に話したら旦那が「起こさないから好きに過ごしていいよ」といわれて
    結婚してはじめてそれをやったらまず食べてる最中にグダグダ文句言われた後、
    気持ちよく居間で寝てるのに、起こされて「ベッドで寝ろ」と言われて渋々移動させられて、そのあと8時間置きに起こされた。
    そのせいでストレス解消になるどころか逆に凄いストレスになった。
    kidan-matome-tudukku

    206: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 09:29:56.89 ID:t79wEwXe0.net
    今の世の中、人間なかなか死なせて貰えないんだな 

    姑が最期の時を迎えてるんだけど、入っている老人ホームが口から物が食べられなければ病院に入院→退所に 
    老人ホームが終のすみかで、このベットで逝くのならと写真とか飾りつけて暖かい雰囲気にしてたのに 
    本当の最期の最期は、機械音響く白い病室になりそう
    kidan-matome-tudukku

    このページのトップヘ