気団まとめ-血戦 戦線崩壊!(2CH)|嫁・浮気・不倫・馴れ初め

気団まとめ、鬼女まとめをメインに不倫、浮気系、馴れ初め、修羅場系の話をまとめています。 気団まとめ、鬼女まとめ等の2ちゃんねるまとめを探している方ぜひ一度見に来て下さい。

    気団まとめ・鬼女まとめをメインに不倫・浮気系・馴れ初め・修羅場系の話をまとめています。
    気団まとめ・鬼女まとめ等の2ちゃんねる まとめを探している方ぜひ一度見に来て下さい。
    トップ>>

    203: 名無しさん@おーぷん 2016/05/22(日)11:02:57 ID:GlQ
    愚痴と言うほどでもないけれど、人間関係がすごく希薄になったなと思う今日この頃
    俺は今年30才で中学の頃から携帯持ちだすやつがいたり、高校では皆携帯、もしくは自分のメアドを持ってたりが当たり前の世代だ
    俺は携帯が煩わしくて就活で必要になるまで持たなかった
    今でもSNSは煩わしくてやってない

    俺は高卒で地元を離れ、そこからは年数回家に顔を見せるだけだった
    大学生の頃はみんな時間もあったから、同級生と会って飲み会をすることもあった
    彼女を連れて行って皆に紹介することもあった

    社会人になると年1回か2回戻るのがやっと
    友達も社会人になってるし時間が合わなくて会えない年が続いた
    kidan-matome-tudukku

    365: 名無しさん@HOME 2017/06/03(土) 10:28:34.19 0.net
    義兄嫁の目的がわからない 
    ある時、義兄嫁が私とトメさんに子供が出来ないのは義兄が男性不妊だからって言った 
    義兄嫁は本当は子供欲しいんですって泣いて、トメさんは義兄の体がそんなふうに産んじゃってごめんねって謝って 
    私は、義兄家に子がいなくても誰も責めて無いのに何でここで男性不妊とかまで言うかな~とぬるく見てた 
    kidan-matome-tudukku

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/09(木) 21:49:49.466 ID:0H4kb2MY0.net
    子も産めない女とかw 
    今布団にくるまって離婚したくないとかのたまってるw

    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/09(木) 21:50:40.153 ID:0H4kb2MY0.net
    気分良いわー

    3: サイバーポメラニアン ◆4wzs.iU7HQ 2017/03/09(木) 21:50:48.003 ID:4+Mbkjr60.net
    かわいそう
    kidan-matome-tudukku

    722: 名無しさん@HOME[sage] 2017/04/13(木) 15:55:57.03 0.net
    嫁が妊娠してから、つわりだ安定期がなんだと言って仕事もしないし、ずっと家にいるくせに料理も作らない。つわりで気持ち悪いとは言ってもそれくらいできるはず。仕事も、妊婦を雇ってくれるところがないとか言い訳してる。 

    だからストレスが溜まって酒を飲みたくなることもあるし酔いたい日もある。俺は酔うと酒乱の気があって暴言を吐いてしまうことがある。 

    だがそもそもストレス溜めさせた嫁が悪いからあまり反省できない。一応暴言の度に気をつけるとは言ってみるが、お前に言われたくないって気持ちから結局また飲みすぎてしまう。 

    自分が言い過ぎている自覚はあるが謝罪はしたくない。嫁には暴言を正当化して酒乱を軽視しているから直らないと言われた。これからは深酒した日は連絡とらないと言ったら、それは根本的解決になっていないとも。 

    産まれてくる子供に悪影響とも言われたがまだ腹の中だし、産まれたところで理解なんてできるはずもないんだから関係ないと思う。暴言のあと腹が張ってつらいと言われたが、そんなことを言われても困る。 

    病院に行って治療しろと言われた。もうこれ以上俺がなにを言っても無駄感もあるしそうするしかないのか。自分が悪いとどうしても思えないが俺がおかしいのか?
    kidan-matome-tudukku

    949: 名無しさん@HOME 2017/05/21(日) 15:46:29.14 0
    離婚成立、過去スレで色々学ばせていただいたのでご報告 
    エネ夫と私は職場結婚、私たち夫婦の当時の住居は実母名義の戸建、 
    義父他界でパワーバランスが崩れて同居の義兄嫁と義母が衝突、 
    義母が泣いてエネ夫に愚痴ってエネ夫がハッチャケになり、ある日相談も何もなしでいきなり義母を連れてきた 
    kidan-matome-tudukku

    このページのトップヘ